三線制作日記

 今年1月に依頼を受けた三線「知念大工」2挺3月吉日に無事に生まれました。当初は、材質が不明でしたが、ある方が「ゆし木」の芯の部位であるとのことでお墨付きを頂きました。材質が分かりほっとしました。産声(響き)も良く長時間弾いても手首に疲れを感じることはありません。棹の美しさ、音の良さは申し分ありません。早速、依頼主様に持って行ったら大変喜んで頂きました。ケアについては、1年間無償保証いたします。但し、故意によ

る損傷等は除きます。

P1030383.JPGP1030385.JPGP1030386.JPGP1030388.JPG

P1030378.JPGP1030382.JPGP1030380.JPGP1030381.JPG

by churaoto| 2011.3.19 | Trackback(0)| Comments(0)

 ブログアップが遅れました・

 今年1月から作り始めた「与那型」三線が2月吉日無事生まれました。依頼主様のご要望により、ちょっと太目に仕上げました。産声(響き)も良く長時間弾いても手首に疲れを感じさせないとっても弾きやすい三線に仕上がっています。依頼主様も演奏会などで好んで弾いているそうです。作り手としては、嬉しいかぎりです。

 今後のケアについては1年間無償保証いたします。但し故意によるものは除きます。P1030161.JPGP1030157.JPGP1030158.JPGP1030160.JPG

by churaoto| 2011.3.19 | Trackback(0)| Comments(0)
Page  1